コ スモピア ホーム > 書籍 > ニュース・時事 > ダボス会議発 世界金融トップの英語
ダボス会議発 世界金融トップの英語

100年に一度の危機を乗り切れ!

ダボス会議発
世界金融トップの英語


鶴田知佳子、柴田真一 共著

A5判 CD(73分)付き 本体価格1800円+税

レベル: 中級~


100年に一度ともいわれる世界的金融危機の中、2009年のダボス会議は「世界経済フォーラム年次 総会」という原点に立ち返ったともいえる重要な会議になりました。世界のリーダーが一堂に会して、今後の対応策に知恵を絞り合った発言の数々を生の声で聞 き、金融・経済英語の知識を増やす格好の素材です。






●世界8カ国、16名の金融トップの発言を 収録●
グローバル経済、EUの金融政策、アジアのビッグ3などの7つのテーマについて、モルガン・スタンレー アジア会長、国際通貨基金筆頭副専務理事、欧州中央銀行総裁、アジア 開発銀行総裁をはじめとする16名のスピーチを集めました。英文・対訳・語注・解説のほか、「世界金融キーワード42」ピックアップして詳しい説明を加え ています。。


●特別編も聞き逃しなく!●
2009年のダボス会議から特別編として4名の発言をフィーチャーしました。金融・経済とはまた違った側面から、世界に影響力をもつスピーカーの発言が聞 けるのもダボス会議の特徴です。

1.「貧者の銀行」と呼ばれるグラミン銀行を創設し、ノーベル平和賞を受賞したバングラデシュのムハマド・ユヌス
2.オバマ政権を支える主要スタッフのひとりである、上級顧問兼補佐官のバレリー・ジャレット
3.全世界で1億人以上が利用する大手SNSサイト「Facebook」を、ハーバード大学在学中に立ち上げたアメリカのマーク・ザッカーバーグ
4.アパルトヘイト撤廃への貢献で1984年にノーベル平和賞を受賞した、南アフリカのデズモンド・ツツ大主教

目次pdf chip on trip


コスモピア・オンラインショップでお買い求めになれます。

Online Shop